本文へスキップ

量子ビーム科学研究部門

施設共用 利用料金

高崎研(高崎地区)・ 関西研(木津地区)

 共用施設を利用する際には、利用料金をお支払いいただきます。利用料金の構成は以下のとおりです。

利用料金
(F)
取扱手数料
(H)
施設の運転に
係る経費
(A)
追加経費
(Z)
放射性廃棄物の保管、
処理及び処分に係る経費
(W)

 ここで、利用料金(F)が「一般料金」となり、「一般料金」より減価償却費を除いたのが「基本料金」となります。

 利用料金の種類は、以下の区分により構成されています。該当する利用区分をご参照ください。
 (ただし、海外からの利用(成果公開課題は除く)については、下表にかかわらず「一般料金」となります。)

利用区分 利用料金(F)
取扱手数料(H) 施設の運転に
係る経費(A)
追加経費(Z) 放射性廃棄物保管、
処理及び処分に
係る経費(W)
研究開発 一般枠 成果公開 学術、
産業・実用化
10,700円/件 特別な経費を必要とする場合は、追加経費を徴収いたします。 施設共用に伴い、放射性廃棄物が発生した場合は、その処理処分に係る経費を徴収いたします。
競争的資金
利用課題
10,700円/件
成果非公開 一般課題 10,700円/件
研究開発以外 10,700円/件

(1) 取扱手数料
  「取扱手数料」は、全ての利用者の方から1件当たりの利用申込みに対して、 10,700円をいただきます。

(2) 施設の運転に係る経費
 「施設の運転に係る経費」は、利用区分ごと、施設ごとに料金が定められていますので、詳しくは下記掲載の料金表をご覧ください。なお、「基本料金」の一部免除とは、施設の運転に係る経費(A)のうち消耗品費及び放射性廃棄物処理処分費を除く経費が免除されます。また、「基本料金1/3」とは基本料金の施設の運転に係る経費(A)について2/3が免除(ただし、免除後の額が消耗品費等の額を下回る場合には消耗品費等の額が免除)されることを意味します。
 また、「成果公開」によるご利用の場合は、実施報告書を期限までに提出いただくことと、2年以内に論文発表等で成果を公表することが免除の条件となっております。

(3) 追加経費
  追加経費は、利用者のご要望に応じて、特別に経費を必要とする場合にだけ、いただきます。原則、実費と間接費をいただきますが、あらかじめ料金表のとおり料金が定められているものもあります。
  追加経費の主なものは、装置等の操作または運転等の役務の提供や、装置等の操作または運転等の方法、実験試料等の作成方法、実験データ等の解析方法等に関しての技術指導に係る費用や、施設共用に伴い必要となる共用施設以外での施設等の利用、試料の運搬、消耗品の手配などに掛かる費用です。
  このうち、役務の提供や技術指導に係る費用は、利用開始時に施設・設備担当者からひと通り装置等の運転方法や安全に係る注意事項等について説明いたしますが、それ以外に機構職員の対応を求める場合は、全て追加経費として有償になります。費用は、対応時間と実際に担当する機構職員のクラスにより決定しますので、事前に施設・設備担当者とご確認ください。これらの費用は、実施報告書及び論文発表等において機構職員が共著者として扱われる場合にのみ免除されます。

(4) 放射性廃棄物の保管、処理及び処分に係る経費
  施設共用の実施に伴い発生した放射性廃棄物(以下「契約廃棄物」といいます。)については、利用者が施設共用終了後に、すみやかにお引き取りいただくことが原則ですが、保管設備等を所有していない場合、量研機構が利用者に代わり、利用者の放射性廃棄物の保管及び処理処分を行います。


関西研(播磨地区) 詳細はこちら

 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業により支援される微細構造解析プラットフォームの課題として受け付けています。



※内容は一部変更になる場合がございます。

ナビゲーション

施設共用メニュー

バナースペース

お問い合わせ

量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門
利用相談窓口