本文へスキップ

量子ビーム科学研究部門

施設共用 利用区分

研究開発課題の施設共用は成果公開課題と成果非公開課題に区分されます。それぞれ利用料金と課題審査方法が異なります。研究開発以外のご利用も可能です。

高崎研(高崎地区)・ 関西研(木津地区)


利用区分 受付時期
研究開発 成果非公開 成果の非公開を希望する申込み区分です。得られた成果は公開されません。 定期募集、
随時申込
成果公開 学術 科学技術・学術の発展等を目的とする研究開発に係る申込み区分で、成果が公開されます。学術的な観点で課題審査が行われます。 定期募集のみ
産業・実用化 産業応用・実用化等を目的とする研究開発に係る申込み区分で、セカが公開されます。産業応用・実用化の観点で課題審査が行われます。 定期募集のみ
競争的資金利用 競争的資金制度(科研費を除く)に採択された課題についての申込み区分で、成果が公開されます。 定期募集、
随時申込
研究開発以外 研究開発成果の普及拡大を目的とした申し込み区分です。得られた成果は公開されません。 定期募集、
随時申込

関西研(播磨地区) 詳細はこちら

利用課題の定期募集では、成果公開と成果非公開の研究開発課題を募集します。成果公開では一般課題の他に競争的資金利用課題も募集します。成果公開の課題は、文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業により支援されるナノテクノロジープラットフォーム課題として受け付けます。成果非公開の課題は、量研の自主事業(施設共用制度)の対象課題として受け付けます。

成果公開の利用課題
研究成果を公開する一般課題の場合、施設共用課題審査委員会による課題審査を行います。また、期限内に利用報告書、及び、公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)の定めに則り、論文発表等で成果を公表することを要件とします。
競争的資金利用課題では装置を「優先的」に利用できますが、資金申請前に装置担当者と合議をしてください。また、競争的資金の審査結果の写し等の提出を求めます。

成果非公開の利用課題

ナビゲーション

施設共用メニュー

バナースペース

お問い合わせ

量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門
利用相談窓口